共同エディット フジサンケイグループ

ポストプロダクションの共同エディット

制作技術

制作技術

経営管理部 部長 中村裕

制作技術課は、共同テレビジョン制作技術部のスタッフ(SW、CAM、AUD、VE)として、収録や生放送番組に携わっています。このほかにも、共同テレビジョン映像取材部、スカパーJSAT放送技術部などにも技術スタッフを派遣しています。
音楽・バラエティ番組、ドラマ、スポーツ番組、報道・情報番組、舞台・ライブコンサート中継など失敗することが許されない現場を、共同エディットは豊富な経験と高い技術力で支えています。


制作技術の仕事

  • SWSW(Switcher)
    スイッチャーは、番組技術の総責任者であるTD(Technical Director/テクニカルディレクター)を兼任することもある重要な仕事です。演出や番組の内容、物語の流れに沿って、複数のカメラマンが撮った映像を瞬時に判断、選択して切り替える、映像の管理責任者です。
  • CAMCAM(Cameraman)
    撮影の管理責任者であるカメラマンは、監督(ディレクター)や、各技術セクションと打合せをして、番組全体の演出意図に合ったカット割りや撮影の手順を考え、画角や構図を決めて撮影します。
  • AUDAUD(Audio)
    音声(AUD)やミキサー(Mixer)は、台詞や楽器の音など番組の中のあらゆる音(音声信号)を、映像や物語の内容、演出意図に合わせて収音して音を作り上げる音の管理責任者です。
  • VEVE(Video Engineer)
    映像(VE)は、物語の内容や番組の演出意図に合った映像の色合い(色調)や、明るさを決める映像の管理責任者です。番組の放送や収録のためのシステム構築、カメラや映像機材のあらゆる映像信号の調整・コントロールも担当します。

スタッフの声

八柄哲 流行や最先端技術などにも敏感になることが大切
八柄 哲(経営管理部 制作技術)
カメラマンは撮影を担当するだけでなく、撮影現場のリーダー的な役割も務めます。ディレクターによる番組のねらいや演出意図を映像表現するので感性が豊かでなくてはなりません。
また、あらゆる流行や最先端技術などにも敏感になる事も大切です。
故に難しい仕事ではありますが、 自分の撮影した映像が日本全国、世界各国へ伝わるという事に達成感もあり、 とてもやり甲斐のある仕事です。

制作技術の採用情報はこちら

  • 撮影技術(東京)
  • 撮影技術(大阪)
  • 業務案内 MENU
    ページのトップへ戻る